金沢和菓子食べ歩き観光ガイド

石川県金沢市とその周辺へ家族旅行に行きました。和菓子・宿泊・ホテル・旅館体験レポート、観光地・見どころ情報、その他おすすめスポット

金沢和菓子食べ歩き観光ガイドHOME > 金沢の見どころ・観光地レポート > 観光レポート:にし茶屋街・妙立寺周辺

観光レポート:にし茶屋街・妙立寺周辺

忍者寺妙立寺

Data:拝観要予約:小学生未満拝観不可

妙立寺近くの極楽寺パーキング(有料・いわゆるお寺の境内)へ車を止め、徒歩で妙立寺へ。

妙立寺は由緒正しいお寺さんなのだが、その構造の複雑さから忍者寺と呼ばれている。

内部の拝観は前もって予約が必要。小学生未満の拝観は不可。実際中へ入ってみると、それも納得。

案内の人に連れられて、妙立寺の中をぐるぐる歩いていくが、拝観は40分くらいかかり、複雑な構造なので、一人では出てこれない。

小学生未満のこどもが途中で飽きてぐずっても、ルートからはずれて、ちょっと休憩っていうのが、無理だ。トイレも事前にすませておきたい。

予約が必要なのは、面倒だが、一見の価値はある。

よくまあこれだけ、仕掛けを作ったな、と感心できる。忍者屋敷とか好きな人には、こたえられないおもしろさ。見るだけで、自分で実地体験できないのは、ちと残念だが、オススメ度は大!

金澤九谷真栄堂:おみやげ屋さん

金澤九谷真栄堂で買ったお気に入りの九谷焼

極楽寺パーキングから、妙立寺へ行くまでの間にあるおみやげ屋さん。

ガイドブックでは、忍者グッズのお店として紹介されていることが多い。確かに忍者グッズも多いが、普通のおみやげもたくさん置いてある。

割と価格がリーズナブルで安く、こどものこづかいで買えたり、こどもが興味を持ちそうなものも多いので、子連れファミリーにはおすすめのおみやげ店。

植物を乾燥させて作った本物のまきびしも売っていた。

数はそれほど多くないが、九谷焼の普段使いの陶器も置いてあり、いくつか購入。写真はその時、購入したお気に入りの九谷焼。

妙立寺へ行ったら、是非立ち寄りたいおみやげ屋さん。

落雁諸江屋

落雁諸江屋の本店がこの近くにあったことに、帰ってから気づいた。次回は是非訪れたい。

にし茶屋街全般

にし茶屋街の街並み

にし茶屋街はできれば昼から訪れた方がよいかもしれない。

忍者寺を9時に拝観した後、夏休み月曜朝の午前10時前に近くのにし茶屋街へ立ち寄ったが、ガイドブックで書いてある営業時間には、ほとんど、お店は開いてなかった。

地元の方に今日はお休みですかと聞くと、「お茶屋街だからね。」という答が返ってきた。なるほど、夜の街なら、朝は遅いと言うことか。

中谷とうふ店:にし茶屋街

中谷とうふ店 とうふアイス

それでもなんとか、中谷とうふ店で、とうふアイスクリームをゲット。あっさりしたとうふの味がするアイスクリーム。それなりに美味しい。写真は食べた後のパッケージ。

とうふソフトクリームもあって、それが人気らしいが、まだ準備できておらず、買えなかった。今度は食べてみたい。

甘納豆かわむら:にし茶屋街

保存料を一切使用せず、素材の味にこだわった甘納豆専門店。ガイドブックでは休みではなかったが、行ってみると臨時休業の張り紙が。夏休みは、休業日を要確認。次回は必ず行きたい。


より大きな地図で 金沢和菓子食べ歩きマップ を表示

スポンサーリンク

金沢和菓子食べ歩き観光ガイドHOME > 金沢の見どころ・観光地レポート > 観光レポート:にし茶屋街・妙立寺周辺